2018-12-24 第5回冨貴島杯剣道錬成大会

2018/12/24(月/祝)
第5回冨貴島杯剣道錬成大会

本年最後の錬成大会に小学生8名、中学生3名で臨みました。
東京・神奈川・埼玉等の関東近郊のみならず、北関東・東海エリアからも出場があり、非常にハイレベルな大会です。

低学年の部:先鋒 木谷(美)、次鋒 小泉(伊)、中堅 加藤、副将 圓井、大将 工藤(な)
 予選:Aリーグ(0勝3敗で4位通過)
 × (0勝0本) - 剣道緑ノ風(4勝6本) ○
 × (1勝2本) - 冨貴島道場A(2勝2敗) ○
 × (0勝1敗) - 鎌ヶ谷剣幸会(1勝2敗) ○
 決勝トーナメント
 × (0勝0敗) - 芳明館(5勝10本) ○

小学生の部:先鋒 早見(虎)、副将 直井、大将 木谷(真) ※次鋒・中堅は他道場からの応援
 予選:Eリーグ(0勝4敗で5位通過)
 × (0勝0敗) - 埼玉越生錬成会(5勝10本) ○
 × (0勝0本) - 浦安本部道場(4勝7本) ○
 × (0勝2本) - 久里浜剣友会 (4勝8本) ○
 × (1勝3本) - 西木道場(3勝6本) ○
 決勝トーナメント
 × (0勝1本) - 芳明館B(4勝7本) ○

中学生の部:先鋒 早見(柚)、中堅 小林、大将 藤村(武)
 予選:Cリーグ(1勝2敗で3位通過)
 × (0勝0本) - 蕨市南剣道クラブ(3勝6本) ○
 × (0勝0本) - 浦安本部道場(3勝6本) ○
 ○ (2勝4本) - 市川第二中B(0勝0本) ×
 決勝トーナメント
 × (0勝1本) - 入船中B(3勝6本) ○

大会でご指導頂いた内容を一人々々が活かせるよう年末年始から自主練習に励みましょう。
特に低学年選手の皆さんは、先ず「声を出す」事から徹底しましょう。

以上
[記 事務局 2018.12.30]

2018-12-16 第32回雄武南剣友会剣道大会/第17回馬場杯争奪戦

2018/12/16(日)
第32回雄武南剣友会剣道大会/第17回馬場杯争奪戦

毎年レベルアップしている本大会に小学生・中学生が挑みました。
本年度の団体戦は、中学生女子・男子枠が含まれ、各道場の総合力が試されました。
個人戦に出場した選手含めて、「負けに不思議の負けなし」の言葉通り、各自が次に繋げるきっかけとして欲しいです。

①団体戦出場選手
 先鋒 工藤(な)、次鋒 早見(虎)、中堅 木谷(真)、副将 早見(柚)、大将 藤村(武)

②個人戦出場選手
 小学3年生以下 加藤、圓井
 小学4-6年生   直井
 中学男子     小林、天谷

以上
[記 事務局 2018.12.30]


2018-12-22 第5回指導部杯/冬季納会

2018年12月22日(土)
第5回指導部杯/冬季納会

平成30年最後の指導部杯に、基本錬成の部(10名)、低学年の部(6名)、高学年の部(4名)、中学生の部(4名)と分かれて優勝杯を目指して、少年部の選手たちは挑みました。
結果は こちら

終了後、お土産をもらって楽しく締めくくりました。
次回25日(火)が年内最終の稽古日です。

[記 事務局 2018.12.23]
以上
第5回指導部杯 優勝者
試合前稽古風景

試合風景